ANAカーゴ、ヤマトと提携 沖縄空港を拠点にアジア各国へ翌日空輸

2014.05.30

カテゴリ:提携、コラボレーション

ANA Cargoとヤマト運輸が提携強化、沖縄空港を拠点に「国際クール宅急便」を展開
シンガポールには翌日空輸が可能。
ANA CargoはANAグル-プの新事業会社として本年4月より営業を開始、沖縄国際物流ハブの活用による日本各地とアジアおよび、アジア間の貨物輸送を強化。

また、ヤマト運輸、スピード輸送と付加価値機能を一体で提供することで、物流を「コスト」から「バリューを生み出す手段」に進化させる「バリュー・ネットワーキング」構想を推進

今後、日本の農水産品のアジアへの販路拡大や、製品流通のボーダーレス化をはじめ、更なる成長が見込まれるアジアを中心としたクロスボーダー物流需要に対応するため、両社はこれまでの連携をさらに強化。

内容
(1)沖縄-シンガポール線就航
5月14日より沖縄国際物流ハブのネットワ-クに沖縄-シンガポール線が新たに加わり、2009年10月の供用開始時に8地点(路線数 48路線)だった就航地点が、今般12地点に拡大しました。

(2)ANA Cargoのネットワーク拡大によるヤマト運輸のサービス拡充
・ 日本発シンガポ-ル向け『国際クール宅急便』をスタート
・ 沖縄-シンガポール線の就航により、シンガポール向け『国際宅急便』
(日本・香港・上海・台湾発)のリードタイムを短縮、翌日配達が可能になります。

(3)沖縄から台湾線を活用したサービス拡充
・ 日本発台湾向け『国際クール宅急便』をスタート

3.沖縄国際物流ハブを活用したビジネスモデルの拡大

(1)日本の優れた農水産品の輸出拡大、ならびに越境eコマース(注)による「産直・お取り寄せ」の具現化
沖縄国際物流ハブを基点とした両社のネットワークの連携で、日本全国の農水産品をスピーディーにアジアを中心とした海外へ輸出するサービスを拡充し、政府の成長戦略および地域産業の発展に貢献します。
また、越境eコマースによる「産直・お取り寄せモデル」を具現化し、日本の豊かな農水産品をアジア各国の消費者に広く展開することによって、新たな市場開拓に寄与します。

プレスリリース:https://www.ana.co.jp/pr/14_0406/14-acx-yamato0530.html

この記事をシェア

おすすめ記事

ピックアップ事例トップへ