NTT東のクラウドでOracleが月額料金で利用可能に

2014.06.30

カテゴリ:提携、コラボレーション

NTT東日本は、自社の法人向けクラウドサービス「Bizひかりクラウド 安心サーバーホスティング」のオプションとして、「Oracle Database」と「Oracle WebLogic Server」を6月30日から月額課金で提供すると発表。

サービスイメージ
Bizひかりクラウド Oralceオプション

NTT東日本が提供するクラウド上に準備したデータベース「Oracle Database」と、アプリサーバー「Oracle WebLogic Server」を月額課金で利用できる。
さらに、中小企業やSOHOなど更に低予算でOralceを利用したい企業向けに「Oracle Database Standard Edition」と「Oracle Database Standard Edition One」を同じく月額課金で提供するとのこと。また、既存の環境からクラウドへのデータベース移行には、「Oracle GoldenGate」のツールも提供。

既にOralcleは、NTT東日本以外のホスティングサービス業者とも月額課金でのサービス提供を実施しており、ホスティングサービスにOracleがついて来るのが当たり前の時代がくるようだ。ハードウェアだけでなく高額なソフトウェアも所有から利用への時代が本格的に到来、通信キャリア、ソフトウェア会社、ハードウェア会社が入り乱れて新たなスキームを形成、付加価値を生み出す事例が今後ますます増えていくと思われる。

プレスリリース:http://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20140627_01.html

この記事をシェア

おすすめ記事

ピックアップ事例トップへ