楽天 商品を「駅のロッカー」で受け取れるサービス–まずは大阪で

2014.05.26

カテゴリ:新規事業

楽天は、ユーザーが注文した商品を専用宅配ロッカー「楽天BOX」で受け取ることができるサービスの試験運用を5月27日から開始。宅配ロッカーの設定場所は、「大阪市営地下鉄なんば駅」と「関西大学」構内の2カ所で、ショップを限定した取り組みからスタート。国内EC事業者としては初めての取り組みとなる。

既にコンビニ受け取りやマンションの宅配ロッカーなどが存在する中、さらなる潜在ニーズがあるかは不透明だが、EC市場が活性化すると共に競争環境も激しくなっている中、楽天としても付加価値向上に向けて出来ることはやっておきたいとの意図に見受ける。
ただ、自前サービスでは電子書籍サービス「kobo」などの展開もまだこれからの状況で、EC黎明期に他社に先駆けて大胆なM&Aを繰り返し成長してきた楽天も成熟期にさしかかり、次なるヒット事業が待望される。

■本サービス利用可能店舗(開始時点):
「楽天ブランドアベニュー」で取り扱う500ブランド以上
「イーザッカマニアストアーズ」、「ホンコンマダム」

 ■利用方法:
-STEP1:楽天市場で商品を注文
-STEP2:配送(受取)方法で希望の「楽天BOX」設置場所を選択
-STEP3:お届け完了時にメールで通知されるパスワードを確認
-STEP4:指定の「楽天BOX」にパスワードを入力して商品を受け取り

■楽天BOXイメージ画像:

プレスリリース:http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2014/0526_01.html

この記事をシェア

おすすめ記事

ピックアップ事例トップへ