YouTubeにクラウドファンディングの仕組みを構築 方針発表

2014.05.23

カテゴリ:新規事業

Googleが、YouTube で視聴者から直接資金を集められる、クラウドファンディングの仕組みを構築予定であること。
これにより、YouTube で作品を公開するクリエータはクラウドファンディングで制作資金を募ったり、コンテンツを販売して直接マネタイズできるようになる。具体的な仕組みや仕様については改めて発表される予定。

YouTubeとしても従来の広告モデルではない、新たなお金の流れを作る取り組みととらえることが可能で今後の展開に注目が集まるが、資金を出す側に対してどういった情報を出せば、それが評価され資金が集まるようになるのかなど、具体的にイメージしてみるとまだまだクリアすべきハードルもありそうだ。映画制作の資金などを企画書ベースで集めるなど考えられなくもないが、それだとYouTubeと少し違う気もする。何かのプロジェクトをYouTubeでアピールしてそれに対する資金集めの仕組みであれば、はまりそうだがYouTubeである理由が希薄になるように思えるので、具体的な内容が待たれる。
ご参考までに、クラウドファンディングによる資金調達額は、全世界で既に50億ドルに達しているとの統計もありこの波に遅れまいとの意図も感じられる。

出所:http://youtubecreator.blogspot.jp/2014/05/see-whats-new-and-whats-next-in-our_23.html

この記事をシェア

おすすめ記事

ピックアップ事例トップへ