格安スマホのフリービット 不動産仲介のエイブルと提携

2014.08.20

カテゴリ:提携、コラボレーション

不動産仲介業のエイブルと、格安スマホの自社開発と販売を手がけるフリービットは、エイブル利用者向けアプリを搭載したスマホ「エイブルPandA」を、まずは全国のエイブ直営店10店舗で開始、最終的には全国直営店400店舗での販売を目指すと発表。これは、フリービット社が進めている販売チャネル拡大に向けた戦略的提携パートナープログラムの一貫とのこと。
競争力のある格安スマホを自社開発するフリービットと、全国に直営店を持ち生活環境が大きく変わり購買意欲がますタイミングで顧客接点をもつエイブルとの異業種間提携で興味深い組み合わせとなっている。

フリービット エイブル 戦略的提携

「エイブルPandA」は、フリービット社の既成品「PandA」をエイブル向けにカスタマイズしたもので、通常の「freebit mobile」サービスの他に、旅行やレジャーにおける割引や特典などを利用できる会員制優待サービスアプリや、住生活における設備の不具合や水回りのトラブルを相談サポートするエイブルコンシェルジュアプリ、エイブルを利用する友達を紹介するとアプリで利用可能なコインや特典が付与されるお友達紹介アプリが搭載されている。

freebit mobileのサービスは大手キャリアのそれと比べて月々の携帯電話コストを約1/3圧縮するという。これは月間約4,000円~6,000円に相当し、その分を家賃に転嫁してより良い住まい探しに繋げるというのが本提携での分かりやすいユーザメリットとなりそう。
エイブル専用のアプリは、まだブラッシュアップが必要と思われるので、提携達成に一息つくことなく、徹底したユーザ視点でサービスを磨いていけば競争が激しくなっている格安スマホ業界で一歩抜きんでた存在になりうるのではと思われる。

プレスリリース:http://www.freebit.com/press/pr2014/20140820_collaboration.html

この記事をシェア

おすすめ記事

ピックアップ事例トップへ