企業の新たな挑戦に欠かせない
コンサルティングサービス

なぜ、
「新たな挑戦」が必要なのか?

業種業界を超えた競争ならびに市場動向や技術などの環境変化が著しい時代、いかに大企業でも変化を伴う「新たな挑戦」は不可欠になっています。

  • 企業や事業の寿命は年々短命化しており栄枯盛衰が激しい。もはや10年後は誰にも想像できない。学生が就職したい企業トップ10に入る企業が、10年後には倒産する時代です。
  • もはやマス市場は崩壊しており細分化され多様化する需要、世界各地で起こる技術革新、業種や分野を超えた競争環境のボーダレス化など変化と競争が著しい時代においては、企業が変化しないことは死に近づくことを意味します。

「新たな挑戦」を成功させるためには
何が必要でしょうか?

新たな挑戦は不確実性が高く、成功への道は定かではありません。よって、いち早く企画・構想をまとめて顧客に体感してもらい、その成否を検証する営みが不可欠です。これはマーケティングの営みそのものであり、私共が重視している点です。思考としてはずしてならないのは、徹底的な顧客視点であり、脱社内論理、脱競合の模倣です。

 

新たな挑戦は、出来る事をするのではなく成すべきことする事であり、市場で流行のキーワードを追うことや他社の模倣ではありません。

また、この実現に向けては
以下の素養も不可欠です。

  • 企画構想力と実現力、迅速なPDCAサイクルの推進。

  • 多様な業種・業態における新たな挑戦の知見、経験、発想の引き出し。

  • 失敗や課題に直面しても粘り強く取り組む姿勢、とその原動力になる熱意・情熱。

この素養を兼ね備える唯一のパートナーが「異業種プロフェッショナルチーム」です。

企業の外部人材として各分野で活躍しているプロフェッショナルがチームとして集い、自らの持つ知識、経験、発想、実行力を駆使することで、会社の看板ではなく自らの存在意義をかけて企業の新たな挑戦を支援します。
また、各プロフェッショナルが熱意・情熱をもってコミットできる案件のみに従事する仕組みを採用しており、一般的なコンサルティング会社の社内アサインで集まるメンバーとは熱意も専門性も比較にはならないと自負しております。

企業の新たな挑戦は、暗中模索の中で成果をつかみ取り、それをいち早く事業として根付かせる必要があり、能力と熱意を兼ね備えたパートナーが不可欠で私共がその最適解となります。

優秀な外部スタッフの存在が、
新たな挑戦の成否に大きく影響します。

競争の激しい環境下で挑戦を続けている一流のスポーツ選手やチームには、一流の外部スタッフチームが必ず存在します。
戦略コーチ、技術コーチ、フィジカルコーチ、メンタルコーチ、栄養士、トレーナー等々です。スタッフ各人は豊富な専門知識と様々な現場経験でチームを支えています。
新たな挑戦をする企業にも多様なスキルをもつプロフェッショナルチームが不可欠で、その存在が成否を左右します。

私たちは日本初の異業種プロフェッショナルによる
コンサルティングサービスを提供しています。

多業種・多分野の業界トップ企業を
支援した実績

通信、IT、小売り、金融、メーカー、エネルギー、商社、エンタテイメントなどの他分野で業界トップ企業の新規事業やマーケティングコンサルティングに従事。多様な知見と経験で斬新な発想と具体的で迅速な行動がもとめられる「新たな挑戦」を支援します。

独立したプロによるチーム編成
メンバーの入れ替えも随時可能

社内リソースのアサインではなく、クライアント企業の課題に対して最適なプロチームを編成。プロジェクトフェーズなどによる必要人材の変化にも柔軟に対応します。
必要な時に必要なだけ、最高のチームが手に入ります。

弊社が責任をもって品質管理
人材紹介や仲介ではありません

最近活用が増えてきている高度人材派遣や仲介といった、契約先の企業がプロジェクトの責任や品質管理を負わないスキームではありません。