エニグモが女子向けのキュレーションメディアを買収

2015.02.12

カテゴリ:新規事業

エニグモ キュレーションメディア 買収

主に海外で暮らすユーザが買い付けたファッション雑貨のCtoC取引を仲介するサービス「BUYMA」を運営するエニグモ社が、女子向けキュレーションサービス「4meee!」及び主婦・ママ向けキュレーションサービス「4yuuu!」を運営するロケットベンチャー社を買収、子会社化することを発表。
キュレーションサービスはスマートフォン向けの手軽な情報ツールとして、広く認知、浸透しつつあり、「4meee!」は 月間UU200万人を超え、雑誌等で活躍する有名読者モデルや現役女子大生、カリスマブロガー等、約250名のキュレーターが存在する。
また、主婦・ママ向けキュレーションメディア「4yuuu!」も、公開後1ヶ月で150万PVを超え、今期は2媒体合わせて1億PVを想定、さらに「4meee!」は中国語圏へのサービスを開始。
この買収により「BUYMA」と「4meee!」「4yuuu!」の連携を強化、キュレーションサービスとイーコマースを融合、ユーザーが最新のトレンド情報を得られるだけでなく、そこから自分にあった商品が見つけられるようにする。SNSをスマホで使う利用者が増加し、ネット検索ではなくSNSからのクチコミで情報に接する利用者が増えたことで、クチコミを誘発しやすいニュースを取り込むことで、顧客のリテンションをあげるのが狙い。

このように本業への集客エンジンとして、キュレーションメディアを買収する動きは他にも見られ、2014年にはDeNA社が、住まいに特化したまとめサイト「iemo」を手がけるiemoと、女性向けファッションのまとめサイト「MERY」を運営するペロリの2社を合わせて約50億円で買収。キューレーションメディアで先行する「スマートニュース」利用者が国内外で1,000万人を超えたものの、ターゲットを絞って差別化しているその他のメディアはマネタイズに苦しんでいることも予想され、こういった動きは双方にとって合理性があると思われる。

リリース:http://www.enigmo.co.jp/wp-content/uploads/2015/02/press_20150210.pdf

この記事をシェア

おすすめ記事

ピックアップ事例トップへ