技術経営・MOTコンサルティング

グローバル環境下で、技術開発競争は激しさを増しています。他方、生み出された技術の多くが日の目を見ずに埋没技術・死蔵特許となっている問題も散見されます。
弊社は長年にわたり、異業種・異分野にわたる研究機関と事業会社、双方の事業化支援をしてきた実績・経験を活かして、各種コンサルティングを提供します。

Case1

技術開発には多額の投資を続けているが、投資規模に見合う成果につながっているかという点ではよく分からない。

このケースで発生する問題

技術開発としての目新しさ・先進性と、その社会的価値は必ずしもイコールではありません。新たな技術は、社会的価値と結びついて初めて成果と見られますが、社会的価値は多くの場合、技術単独に対して与えられるものではなく、それが商品やサービスとして統合・パッケージ化されはじめて価値を認められるものが殆どです。

先進的な技術を持っているイメージの強いドイツのダイソン社もサイクロン掃除機という製品がヒットして初めて、その技術力が評価されたこともうなづけます。
つまり技術開発だけでは営みとしては不十分で、それをいかに社会的価値に結びつけるかがきわめて重要になります。

コンサルティング アプローチ

開発された技術にどういった社会的価値があるのか、その可能性は無限です。私共のアプローチはまずその可能性をひろく捉え直すところからスタートします。
具体的には、業種・業態などの産業分野を網羅的に洗い出し、該当技術の適用可能性について市場性、競争優位性、製品化の実現性などの観点で一次評価を実施、検討オプションの絞り込みを行います。

一次評価後、有望なのもについては具体的な企画書としてとりまとめ、必要に応じてデモを構築、これをターゲット顧客や協業パートナーに体感してもらい、需要や課題等のフィードバックを受けブラッシュアップを実施、撤退判断も柔軟に含めつつ、デモで可能性が見えた場合には事業化・製品化に向けてプライシングやコスト試算など本格的なフィジビリティースタディに移行する。

このケースの事例

顧客
X社
プロジェクト背景

大規模な研究施設と研究員を有するX社。古くから技術開発に大規模な投資を続けており長く業界内外の技術革新を牽引したいた。

そんなX社においても、近年の市場環境の急激な変化とベンチャーの急成長や異業種参入などが研究開発に欠かせない中長期の展望が予測困難な状況が続く中で、生み出した新技術を効率よく市場に出せずにいた。

研究にたずさわる人材は、研究に関しては専門家であったが、それを商品やサービスなどの完成品に仕立てて市場に導入するためには異分野の知識や経験、人脈が必要であったが、自前リソースではそれを補うことは難しく、対応に苦慮していた。

コンサル内容

X社研究メンバーと弊社コンサルチームが共同でプロジェクトチームを組成。研究所で開発された新技術の商品・サービス化の仮説洗い出しを実施、その後コンサルチームにてそれぞれの市場性や実現性、競合優位性の評価を行い有望な仮説に絞り込みを実施。

X社メンバーともディスカッションを重ねながら、本格的な検討に進める仮説を数個に絞り込みそれぞれに担当をつけたプロジェクトチームに再編成、事業化に向けた戦略をロードマップ、役割分担を行いプロジェクトを進行、検討開始後1年以内で商品・サービス化にこぎつけた。

顧客の感想

何が正解不正解の議論より絶対的なスピードが必要だということがよくわかりました。スピードさえあれば、例え間違っても次の別オプションを検討すればよい話ですよね。

Case2

新たに開発した技術をアピールしたいが、技術的な説明では事業会社や投資家など広く世の中から関心が得るのが難しい。

このケースで発生する問題

技術がいかに先進的で画期的であってもその価値やその技術がもたらす可能性を周りの人間や企業が理解しないと意味がありません。ですが、技術者視点の説明はそれを知らない人たちからみて難解で理解する前に興味がなくなることも多々あります。
技術者に分かりやすく説明するよう求めても、プレゼンテーション能力を備えている人がごく一部で、上手くいかないのが実情です。

コンサルティング アプローチ

コンサルタント、エンジニア、デザイナー等でチームを形成、技術の製品デモを企画、デザイン、プロトタイプの開発までをスピード感をもって実現します。

技術者視点では、企画した製品の実現性が担保されないなど細かな異論が出ることが多いですが、私共は実現性が100%でなくてもまずは形にして世の中に発信することに重きを置いたアプローチをとります。この段階で、一定の注目や関心を得られたタイミングで、技術的な問題点や課題とのすりあわせを行うことで、需要のある製品と研究された技術を結びつける営みを支援します。

このケースの事例

顧客
X社
プロジェクト背景

技術開発の活発なX研究所。輩出した技術も数多く、特許出願の数も順調に推移していたが、世の中への認知や普及の度合いが低く、死蔵特許が年々増えていくことに問題を抱えていた。

従来通りの方法で技術者は各種セミナーやフォーラムに積極的に参加、技術展示や紹介を行っていたが、新たな情報発信の方法の必要性を感じていた。海外の有名研究所の成功例をひもとくと、デモストレーションが重要とのことであったので、独自で取り組んでみるものの技術者側の観点を抜けきれず、手応えが得られない状況であった。

コンサル内容

プロジェクト開始から3ヶ月程度で、有力な技術でいくつかの製品やサービスを企画、簡易的な需要検証を行った上で好反応を得たものについて数を絞ってプロトタイプをデザイン・開発した。
また企画と需要検証の際に反応がよかったデモシナリオとターゲットについても絞り込みを実施したことで、机上の仮説をデモで検証するアプローチをとることで、確率をあげた。

顧客の感想

プロトタイプ開発までのスピード感もさることながら、企画から需要調査をささっとまとめる様子を見て、自前では無理だなと痛感させられました。

Case3

オープンイノベーションを推進したいが、技術の秘匿性を確保しつつどう他社と協業してよいか模索が続いている。

このケースで発生する問題

技術開発競争が激しさを増す中で、他社と協業することで技術開発のスピードを向上させるオープンイノベーションに取り組む企業が増えてきています。が、私共が知る限りオープンイノベーションで成果を上げている企業は多くありません。

共通する難しさは、先進技術を単純に組み合わせれば画期的な商品やサービスが生まれるということではない点です。また、基本的な守秘義務を締結するとはいえ技術の秘匿性を確保のも簡単ではなく、オープンイノベーションを成功させるには各種課題を解消するための枠組みが必要になります。

コンサルティング アプローチ

弊社が独自開発したオープンイノベーション専用のフレームワークをベースにプロジェクトを開始。
事前の合意事項について調整、具体的には制約条件(予算、情報開示、提供リソース等)やコミュニケーションルールや撤退条件などを明確にします。加えて、完成品となる製品やサービスのデモを早期に開発、顧客需要を明確にしつつ、技術的な実現可能性や要素技術を如何に組み合わせるかについて平行して協議を進めます。

双方の課題を持ち寄り管理・アクションを検討する定例会を弊社主体で主催、プロジェクトを進行支援します。需要調査部分は、マーケティングに精通した弊社メンバーが主導することで、製品開発後のPRや販促をシームレスに進行します。

このケースの事例

顧客
X社
プロジェクト背景

トップダウンで早期にオープンイノベーションに取り組み一定の成果を出すことを求められたX研究所。これまでも共同実験などは頻繁に行ってきたが、あくまで主導はX研究所であったので、フラットな共同研究という枠組みの経験はなかった。そもそもどの技術要素をどの研究所と行うべきかも手探りであった。

また、研究現場の反応は技術の秘匿性をどう担保するかの懸念が払拭できず、明らかに消極的。現場のモチベーションを高めつつ意義のある研究活動を如何に設計するかに苦慮していた。

コンサル内容

弊社のオープンイノベーションフレームワークをもとにプロジェクトを設計。早期の結果を求められたことから、まずは応用研究段階で市場性が一定見えているものから技術要素を厳選、完成品の仮説・企画を実施しました。企画が出来た後、共同研究パートナーを選定、パートナーとの事前折衝も弊社が担いました。

仮説について一定の需要が見込めそうなことを調査で確認した後、初期顧客の開拓を行うと同時に課題を顕在化、技術開発の向上をあわせて推進、1年6ヶ月ほどで共同開発としての最初の完成品リリースまでこぎつけました。

顧客の感想

オープンイノベーションは、まさに言うが易しですね。実行にはこれまで以上に事前の設計や計画、洗練されたフレームワークが必要だと言うことがよくわかりました。

技術経営・MOTコンサルティング メニュー

研究開発された技術が、世の中に広まり製品や事業に組み込まれるためには様々な課題を解決していく必要があります。私共は、市場や協業パートナー側から見て必要な各種コンサルティングメニューをご提供しています。

不明な点は全てお聞き下さい
無料でお答えします

マーケティングに関するご相談や、新規事業コンサルティングなどの各種お問い合わせは以下フォームより送信下さい。

お問合わせ

ピックアップ事例